カーリース審査甘い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」
「審査が通りやすいのは?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\[PR]おすすめの個人向け車リース/

今なら現金10万円等が当たるお得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


国産車195種類!新車月額5,500円~
リース期間月額料金車種
5年・9年5,500円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km「車検・税金・オイル交換」込み など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
  • 月額費用が安い
  • 審査に通りやすい
  • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
  • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。

動画で学ぶ!車リース()

車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

車リース人気車種一覧

車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

はじめての新車リースQ&A

車リースに関するQ&Aです。

Q.車リースのメリットは?

車リースのメリットは、

  • 頭金不要で新車に乗れる
  • 月々の支払額が抑えられる
  • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
  • メンテナンスが楽

です。

Q.車リースのデメリットは?

車リースのデメリットは、

  • 走行距離が決められている
  • 購入よりも支払総額が高くなる
  • 期間中の解約が原則できない
  • カスタマイズに制限がある
となります。

Q.車リースに向いている人?

日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

つまり、

  • 月々の支払額を抑えたい人
  • まとまった資金がない人
  • 車のメンテを任せたい人
  • あまり長距離乗らない人
といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

Q.車リースに向いていない人?

逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

  • まとまった資金がある人
  • 車のメンテを自分でできる人
  • 自分好みにカスタマイズしたい人
  • 走行距離が多い人

一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

Q.安い車リース会社はどこ?

頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

車を売りたい方向けコラム

車の査定というと、以前は何か煩雑なものというイメージがあるものでしたが、誰もがネットを利用する世の中になってからは手間も時間もかからないものとなりました。

スマホやタブレットを持っていたらいつでも査定サイトにアクセスして手続きが行えるのです。

使い方は簡単で、複雑な手続きをしなくても大丈夫です。

車の基本情報、車種や年式、メーカーなどと共に連絡先等個人情報の欄に文字を打ち込めば複数の会社の査定額がわかるようになっています。

自分の時間がとれない、忙しい人でもスマホやタブレットを使えば、通研電車内や休憩時間などの限られた時間を使って、査定を申し込めます。

親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要項目については書き残しておくと良いでしょう。

口頭で軽く言い残すだけの人とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

まだローンの残っている車を売る際は、完済してからでなければ車は売れません。

それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

残債を売却前にすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残りの精算に回すという手段もあります。

ローン会社の承諾を得れば可能という条件つきですが、その場合はいくつかの手続きを踏まなければいけません。

中古自動車売却に関して言えば、車庫証明はいりません。

中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、車庫証明の手続きをしなければしけません。

車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

ご自身の愛車の車査定価格とディーラーによる下取り価格で、より高額な買取が可能なのは、車の状態や車種、需要の高いものであれば、車査定の方が、買取額が高い事が多いようです。

私が知る限りでは、ディーラーによる下取りは一律の標準査定価格から買取価格を計算しているため、車種の色や需要はあまり考慮されません。

さらに、新車の値引き分を含んだ価格が提示されますから、人によっては交渉が難しくなるでしょうし、車本体の評価額がいくらなのか、不透明なこともあります。

こうしたことを踏まえてみると、中古車買取業者への売却を選択したほうがより高額で買い取ってくれる可能性が高いと言えます。

半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、自動車を引き取るのに無料で作業してくれる業者が多いでしょう。

一方で、売却する前に車検を通すことはさほど意味がないのでやめましょう。

あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。

買取のお店に行く暇がなかったとしても、車の査定をネット上で可能なサイトは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定担当者が実際に中古車を見てみないとなんとも言えないところはありますが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除き、それ以外を実際の売却店として考慮することが可能になるでしょう。

車を維持するために必要なお金がどれぐらいあればいいのかを調査しました。

中古車を選ぶのに一番先に考えるべきことは走行距離を把握しておくことです。

今までの走行距離が長いと車の疲れ具合が進んでいるので維持するためにたくさん費用がかかることもあると言えます。

\[PR]おすすめ1位の定額カルモくん/

新車リース申込ならココ↓